旅がすき。イタリア、フランス、中国・・・。 美しいものを探したい。


by peperoni4
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
こんにちわ。
このブログ、大変ご無沙汰しております。

このたび、ブログをリニューアルして、新しく開設することにしました。

イタリア生活、もうすぐ7年になり、
ここでの暮らしや、お仕事の内容も、日々変化しております。

グラフィックデザインのお仕事、ファッション雑誌関係のお仕事や、通訳、
クラシックカーのレースへの参加や、イタリア旅行のお手伝いなど
活動の範囲の幅も広がってきています。

新たな気持ちで、今みていること、感じること、大好きなものをお伝えできればと思います。
今後も宜しくお願いします。

newブログはこちら
http://mandorlagirls.blogspot.it/
[PR]
# by peperoni4 | 2012-07-20 19:07 | イタリア
https://readyfor.jp/projects/watanohaSmile

被災地のがれきから、子供たちが作ったアート作品の展覧会がイタリアで行われるそうです。

微笑ましい作品がたくさんあるので、サイト見てみてください。
プロジェクトの支援も可能です!
[PR]
# by peperoni4 | 2012-01-21 01:07 | 日本

グラニータの朝

d0019922_17314885.jpg


ミラノはここ数日の気温が30℃を越えて、眠りにつくのがやっとの状態。

日本とは違って、クーラーがない家庭が多く、
我が家も扇風機のみの生活で、

とはいっても、

扇風機を動かしたところで、
暑くて湿気で重くなった空気が循環するだけなので、
さほど効果も得られない。


家だけでなく、わたしのオフィスにもクーラーがなく、
(設置はしてあるけど、業者の工事待ち。いつまで待つやら?)
仕事に集中するのも至難。


そんな朝。7時にはぎらぎらの太陽と暑い空気で、
週末だというのに目が覚めてしまったので、

近所のシチリアBARへ。

以前にも書いたけれど、シチリアのドルチェがたくさんあって、
夏の定番のグラニータも数ヶ月前から登場している。


グラニータは、フラッペとカキ氷のあいのこみたいな食べ物。
レモン、コーヒー、チョコ、いちご、パイナップル、
桃、ミント、オレンジなどなど、多くの種類がある。

ここのシチリアBARはちゃんとつくっていてて、
フルーツも生の素材を入れるから、自然な味がしておいしい。
イタリア人は、この上に生クリームをぼってり乗せて食べている。
魅力的だけど、カロリーと、食後のおなかのもったり感を考えると、
すこしコワくて、まだ試したことがない。
ちなみに、グラニータの上にジェラートを乗せるのも美味しい。


逆に、観光客がたくさんの通りにあるBARでは、
氷に着色料だらけのシロップで味をつけたグラニータが
店の前にある透明の機械のなかで、
ぐるぐるかき混ぜられながら回ってるけれど、
ちっとも美味しそうに見えない。


写真のグラニータは桃味。
桃の果肉がごろごろ入っていて、氷の冷たさと、桃の新鮮な味が、
朝だというのに、暑さでへとへとになってる頭とのどを潤してくれて、
生き生きした気分を取り戻せる。


本場シチリアでグラニータとブリオッシュの朝ごはんする日を夢見つつ、
美味しい朝のひとときを過ごす。
[PR]
# by peperoni4 | 2010-07-05 17:33 | イタリア

イタリアのトマトたち

日本に帰って、ふと無いことに気づくもの。

西洋のお野菜。


たとえば、

フィノッキオ
d0019922_15492963.jpg


カルチョーフィ
d0019922_15481292.jpg


日本で見つけたとしても、すごく高いのに美味しくない。


そして、トマト&プチトマト。
これは、ロンドンに3週間いたときも、美味しいものがなくて困った!
日本では、すごいお高いフルーツトマトを手に入れられるけど
イタリアのマーケットで買うものとは、色彩の強さも、甘みも、
自然な香りも、味の深さもまったく違う。

最近のお気に入りは、
3月ごろになると登場するサラダ用のトマト。
特にシチリアのコストルートがイチオシ。

左側がシチリア産のコストルート。右はサルデーニャのクマーノ。
d0019922_155146.jpg


シチリア産のコストルートは比較的小ぶりで、波形の形状。
ヘタの部分を取る瞬間に、ぷわぁーっと草の香りがして、
大地と太陽の恵みであることを感じさせてくれる。

皮も身もすこし固めで、薄く切って、
オリーブオイルと塩だけで食べたり、
ヤギのチーズやリコッタチーズ、モッツァレッラをちょこっと乗せて食べたり。

夏にたくさん食べる、甘みたっぷりのプリプリの真っ赤なプチトマトが
万人ウケするものだとしたら、
こちらの青みのある深い味わいは、大人のトマトの印象かな。

先週は、いつものマーケットのお店で、
お気に入りがすこししか残っていなかったので、
代わりにサルデーニャ産のものも混ぜてもらって。
サルデーニャもなかなか、個性的な味で美味しかったけど、
ヘタ取りの瞬間の鼻にひびく野生の香りが届かなかった。

おなじイタリアでも、異なる島で異なる土と太陽と水で育つと
さまざまな個性があって、おもしろい。

このお気に入り、もっとも旬は4月までかな。
たくさん食べておかなきゃ。
[PR]
# by peperoni4 | 2010-03-17 15:57 | イタリア

シチリアのドルチェたち

d0019922_1325845.jpg


週末、美味しい朝食がたべたくて、

おうちの近くの、シチリアBarへ。

このBar、先月初めて入ってみたら、ショーケースを見た瞬間、
心が躍る踊る!

シチリア名物のアーモンドプードルの焼き菓子、コルネット(クロワッサン)、
巨大なアランチーニ(ライスコロッケ)も4種類ほど種類があるし、
あとは、日本のお惣菜パンみたいに、パンにトマトソース、
モッツァレッラ、プロシュットが挟んであったり、
ラザニアや、パスタ・アル・フォルノ(トマトパスタのオーブン焼き)などなど

シチリアっぽいボリューム感たっぷりの美味しそうな
手軽にたべれるファストフードにみえて、
ちゃんと手間も素材もしっかりかけられてるものばかり。

しかも、ミラノにしてはお安い価格で、

Salato(塩っぱい)系のものは、だいたいすべて2.20ユーロなので300円弱。
ドルチェも1つ1ユーロ前後なので、150円もしない。

きょうは、甘いものがたべたくて、
ドルチェ・ディ・マンドルラ(写真の丸い方のお菓子)と、
スフォリアータのリコッタチーズ入りにピスタチオがまぶしてあるお菓子を購入。

お家にかえって、カフェを入れて、週末専用のお気に入りのカップで。


マンドルラはアーモンドのこと。
なので、アーモンドプードルのしっとり感たっぷりで、一口かじると
アーモンドの香りが口から鼻へと抜けるように、香りがたつ。

スフォリアータのリコッタ入りは初めて食べたけど、
まわりの生地のパイのさくさくと、リコッタがふわふわしてて
重くなく、バランスがちょうどいい。

来月になると、
夏の定番グラニータ(かき氷のもうちょっと固い感じのもの)が登場するのだそう。
シチリア人いわく、
このグラニータをコルネットに挟んで食べるのが、
最高に美味しいコラツィオーネ(朝食)だって。

夏メニューでたら、また報告します。
[PR]
# by peperoni4 | 2010-02-21 01:39 | イタリア

4年と4ヶ月。

今日、ミラノ生活が4年と4ヶ月が過ぎました。

ふと気づいたら、このブログは2年以上も放りっぱなしで、
「美しいものを見つけたい」。そんな気持ちで始めたというのに、
ミラノでの生活に慣れすぎてしまったせいか、
それとも日々の生活にかまけて、感動する心、
感性が衰えてしまったのか・・・。

毎日、たくさんのものを見て、その日の感動、美味しかった料理、人とのふれあいを
しっかり心の中に噛みしめるまえに、
また次の感銘の波が押し寄せてきてしまって、
その前の感動が掻き消されてたりもする。
なんて、勿体のないことをしてるんだろう。

そうかと思えば、自分でも恐ろしくなるくらいに、
ひとりの殻にとじこもって、何も見えない、何も感じない日もある。

もっと、満遍なく過ごせればいいのに。

と、思ったりもする。

でも、この緩急が、生活に陰影をもたらして、
明るい、美しいところを照らしだしてくれるのだ、とも思う。

この4年と4ヶ月という、節目に。
また新しいスタートとして、
気を負うことなく、肩の力を抜いて、日々を記していけたら。
わたしの感じたことを。
[PR]
# by peperoni4 | 2010-02-18 07:31 | イタリア
最近、楽しいのがジャムづくり。

イタリアは日本と違って、フルーツの値段が安いので、
市場が立つ日に、1kg単位でフルーツを購入する。
d0019922_14324470.jpg

桃、ぶどう、洋梨、りんご、オレンジ、
品質にもよるけれど、安いものだと1kg1ユーロで買える。

プルーンをたくさん買って、ジャムをつくったら、
自然な味わいがして気に入ったので、
つづいて翌週はりんごジャム。
パンに塗って食べてみると、ジャムの味の違いがよくわかる。

さて、プールンジャム。
これをクロスタータというイタリアのお菓子につかってみたらマッチする気がして、
さっそくレシピを同居人にたずねてみた。
Crostataは小麦の香りがする固めのタルト生地に
ジャムを広げて焼いたもの。
以前、同居人の山の家で、彼女のおばあちゃん自家製ジャムで
一緒につくったときも、素朴で美味しかった。


レシピは簡単。
ー ふるいにかけた小麦粉300g、砂糖80gを台の上に円上に置く。
   そこに卵1個と、室温にしたバターを100gを加え、
   まとまるまで手で捏ねる。

d0019922_14344454.jpg


ー 材料がまとまったらベーキングパウダーを9g加えて、粉っぽさがなくなるまで
    捏ね続ける。

d0019922_14355848.jpg


ー ケーキ型にバターを塗って、軽く小麦粉をまぶしておく。
   型にさきほど捏ねたものの半量を、平に敷きのばす。

ー ジャムを万遍なく塗り広げる。ジャムの量はお好みで。

ー ジャムの層の上に、残りの生地を網状になるように並べる。

d0019922_1437202.jpg


ー160度のオーブンで45分。きつね色になるまで焼いて完成。

d0019922_1447428.jpg


材料 小麦粉300g、砂糖80g、バター100g、ベーキングパウダー9g、ジャムお好みの量で。

ジャムの種類は好きなものならなんでも。
イタリアのスーパーで売っているクロスタータは、
レモン、アプリコットや、ベリー系、さくらんぼなどが多い。
いろんな種類のジャムでお試しを。

イタリアの家庭の香ばしくて程よく甘いタルトです。
[PR]
# by peperoni4 | 2008-10-05 15:04 | イタリア

9月のヴェネツィア

d0019922_1555311.jpg


仕事のため、再びヴェネツィアへ。

朝、会社に出ると、突然に出張の指令。
あわてて昼休みに自宅にかえり、荷造りをして、午後4時の
列車で同僚とヴェネツィアに向かう。

メストレからサンタ・ルチーアへの長い橋にさしかかると、
夕日が橙色にやわらかく落ちていく。

d0019922_15145292.jpg


翌日から、ビエンナーレの建築展と平行開催の
サン・フランチェスコ・デッラ・ビーニャ教会での
展示準備。


この夏休みに制作しておいた、8枚の三角形の幕を
かつてのガスタンクだった巨大な円柱に、展示する。
そして、教会の回廊には、15枚のパネルを。
メインテーマは
教会という総合施設の役割とそこにある地域の人々とのかかわりを
見つめ直し、教会の存在そのものの再生。

8枚の三角形の幕には、
サン・フランチェスコ・デッラ・ビーニャ教会の
図書館に所蔵される古典の本から、いくつか美しいページを選び、
写真に撮り、そして印刷をした。

回廊のパネルは、
世界中の教会から7つの教会を石、鉄、木などの素材ごとに選んだ。
建築と著名な建築家、作家の言葉を連動させている。

d0019922_15524031.jpg


この教会は、日本のガイドブックには載せられていないが、
パッラーディオのファザードがあり
奥にはベッリーニの絵が中に飾られている。
教会施設のぶどう畑(vigna ビーニャ)は海に臨み
自然の恵みを享受している。

d0019922_15503566.jpg


2日間にわたる展示作業をおえて、
神父さんに無理にお願いをして鐘楼に上らせてもらう。
ヴェネツィアの景色は、海に囲まれているせいか、寛大な眺めがある。

d0019922_1612778.jpg



ブラーノ島のすぐちかくにあるという、ちいさな島にある教会から、
船にジャガイモ、ニンジン、たまねぎを積んで神父さんがやってきていた。
一緒に今回しごとをした地元の建築家さんは

「ジャガイモを船で運んで来て、
 
 また別のジャガイモをもらって帰るんだ。ジャガイモの物々交換」

d0019922_1547284.jpg


なんて冗談まじりに話していたけど、
海上に創られた街ヴェネツィアは、車がなく運搬の便を考えても、
物々交換というシステムが住民の間や教会に
今もまだ存在するように伺え、なんだか懐かしい光景だった。

展示は11月22日まで。
毎晩20〜22時はライトアップされる。

d0019922_15535164.jpg

[PR]
# by peperoni4 | 2008-09-14 16:02 | イタリア

ヴェネツィアにて

d0019922_22101861.jpg



この夏は、どこへ行こうか。

迷っていたところ、

仕事先のボスが、ヴェネツィアのセカンド・ハウスを、

8月は誰も使わないので、自由に使いなさいと。

家の鍵とヴェネツィアの地図とテレビの衛星放送のカードを渡してくれた。



実をいうと、ヴェネツィア。

12年ほど前に訪れたときの印象は、さほど格別でもなく。

夏の暑さにむせ返る海の匂い。観光客の多さにすこしうんざりしていた記憶。

それでもやはり、たまたま出くわしたヴェネツィアの船のお祭り「ガレッタ」で、

色とりどりの船で彩られた海は華やかで、

隣島のリドには、映画「ヴェニスに死す」そのままの優雅で穏やかな海岸、

ハリーズバーで、コクのあるイカ墨リゾットを食べながら、

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会に落ちていく夕日がとても綺麗で

記憶に残っている。




そして今回のヴェネツィアは、

アルセナーレ(元造船所だったところ)に位置する

アパルタメントをお借りして10日間の滞在。



観光客のすくない小さな小道を歩いてみたり、

色彩豊かな家々が立つブラーノ島、ヴェネツィアンガラスで有名なムラーノ島、

そして未開拓のトルチェッロ島。ヴァポレットに揺られて、隣島を訪れる。

時間に追われることなくのんびりとした休暇。


海に面する潟を散歩していると、

まるで潟に浮かんでいるかのような、おしゃれなレストランを見つけて。

d0019922_22114633.jpg


太陽のひかりでまぶしく光る海を眺めながら、魚介のアンティパストとリゾット。
d0019922_22132698.jpg




ヴェネツィアの教会には、ティントレットやティツィアーノの絵画が点在していて、

それらを求めて歩いていると、美しい橋に遭遇する。

サンマルコ広場から眺める景色は、海に拓かれた都市の懐の深さを思わせる。

朝・昼・夕・夜と時刻とともに、印象が変わってゆく。



いつでも好きなときに来てね。と、

誘っていたともだちが、順々にミラノからやって来てくれて、

一緒に散歩して、ジェラートをたべて、魚市場で鯛をかって料理したり。

生活しながらするバカンスがこれほど楽しいとは。





ヴェネツィアは世界に2つとない街。

暮らすようにヴァカンスを楽しみなさい。

きっと忘れられない夏休みになる。

とボスが7月のおわりに言ってくれたけれど、


ほんとうに素敵でゆったりとしたヴェネツィア滞在になりました。
[PR]
# by peperoni4 | 2008-09-05 22:20 | イタリア

山のお誕生日BBQ

d0019922_18454361.jpg



ルームメイトのパパさんのお誕生日に、

山のお家にお邪魔しました。




leccoの湖がみえる高台の山は、

空気が澄んでいて、呼吸をするのがしあわせに感じられる。

ミラノの喧騒から離れると、こんなにリラックスできるなんて。


d0019922_18474166.jpg

d0019922_184837.jpg




日曜日のランチに、パパさんのお友達が総勢20名やってきて、

たくさんの手料理とワインでお祝いです。



奥さんのつくったアンティパストと、ポモドーロのパスタ。

山の測量士のおじさんたちが、11時からワインを片手に、

BBQを用意してくれました。


イタリア流BBQの味つけは

オリーブオイル、ワインビネガーを混ぜたものの中に、

ローズマリーをたっぷり浸して、

そのハーブで、焼いている肉の上に、

オイルとビネガーのミックスを振りかけるのです。

ローズマリーの香りが、豊かな味を引き出してくれます。

d0019922_18484470.jpg



山のおじさんがつくった、手作りのポレンタとBBQは

素朴で、いくらでも食べられそうでした。

d0019922_18493264.jpg




デザートはわたしたちの手作り、りんごのトルタとシャンパンで乾杯!



心あたたまる誕生日パーティでした。


d0019922_18464213.jpg

[PR]
# by peperoni4 | 2008-06-13 18:51 | イタリア